島作りマニュアル 「怪獣ぎゃふん大作戦」
怪獣出現の条件
●島のお遍路さんが1000人に達すると、怪獣の出現対象となる。
●毎ターンの出現確率は(0.02×島の面積 60平方kmなら1.2%
●怪獣は12種類、レベルは3段階。人口が多いほど強い怪獣が出やすい
 1000人以上でレベル1、2500人以上でレベル2、4000人以上でレベル3が登場可能。
●最初は必ず遍路道に現れる。「○○島(*,*)の遍路道が怪獣××に踏み荒らされました」
怪獣の種類と特徴
 怪獣には「体力」があり、ミサイルが1発当たるごとに体力が1つ減ります。つまり体力の多い怪獣ほど撃退が難しくなります。ミサイルが当たって怪獣の体力が減ると怪獣は「ぎゃふん」と言い、体力0になると「バイバイキ〜ン!」と言って島から去っていきます。最後に怪獣にミサイルを命中させた島に、報奨金が入り、そのミサイルを撃った島の当該ミサイル基地に「経験値」が加算されます。怪獣は毎ターン(硬化する怪獣は2ターンに1度)隣接するマスにランダムで移動して施設を踏み荒らしますが、特殊建造物・山・温泉・浅瀬・海には移動できません。
 笑い茸 笑い菌が島を浸食していきます。
  レベル1 標準体力1 経験値5 報奨金200萬縁
 牛鬼 伊予宇和島周辺で見られる怪物。
  レベル1 標準体力2 経験値5 報奨金400萬縁  
 色違い
 カサウミガメ 菅笠を甲羅に持つ海亀。2ターンに1度硬化する。  
  レベル1 標準体力2 経験値7 報奨金500萬縁
硬化
状態
 金長狸 阿波を代表する狸。某製粉会社のまわしものという噂も。
  レベル2 標準体力3 経験値12 報奨金700萬縁
 屋島狸 讃岐屋島周辺に住む狸。
  レベル2 標準体力3 経験値15 報奨金800萬縁
 バトルドッグ 土佐闘犬。犬かきで上陸か?
  レベル2 標準体力3 経験値10 報奨金1000萬縁
 エンコ 瀬戸内海に出没する海坊主。2ターンに1度硬化する。  
  レベル3 標準体力4 経験値20 報奨金1500萬縁
硬化
状態
 牛鬼グレート 通常の牛鬼より強い。
  レベル3 標準体力5 経験値30 報奨金2000萬縁
 硬化状態の怪獣はミサイルを撃っても効きません。硬化ターンに一生懸命ミサイル撃ち込んでも、周辺施設に被害が及ぶだけなので、撃つのをやめて次のターンの攻撃に備えましょう。硬化のタイミングで「よくある間違い」は、活動中のアイコンを見て「おのれ怪獣め!成敗してくれる!」と次のターンにミサイル発射を予約してしまうこと。次のターンには固まるのです(爆)「硬化状態のアイコンを見て、次のターンに撃ち込む」これが正しいタイミングです。出現直後の硬化型怪獣は次のターンに固まるので、その間にミサイル基地増設などの備えや他島への援軍要請をしておけば、その次の攻撃可能ターンでより多くのミサイルを撃ち込むことができます。
ミサイルの発射方法
 ミサイルは4種類(通常ミサイル、PPミサイル、STミサイル、陸地破壊弾)ありますが、対怪獣の実戦で使うのは、命中精度のよいPPミサイルがほとんどですので、ここではPPのみを解説します。ミサイルはミサイル基地及び海底基地から発射されます。島で撃てるミサイルの最大数=基地の数ですが、経験値を積んでレベルの上がった基地はそのレベル数だけ発射できます。たとえば、基地3つ、うち1つがレベル2の場合、最大4発まで撃てます。
 ミサイル発射は「開発画面」で予約します。怪獣のいる座標を入力し、ミサイルの数量を決めて計画を登録・送信します。数量を省略(もしくは0)すると、無制限(その島で撃てるだけ)でセットされます。ミサイルを多く発射できる島は、体力1の怪獣に無制限でミサイルを浴びせても周辺に被害を増やすだけなので、数量指定で抑えるとよいでしょう。PPミサイルの命中率は理論上約37%らしいので、3発撃てば1発は当たる計算です。
援軍を要請する
 自分の島だけで怪獣を撃退できそうにないときは、他の島に援軍を要請しましょう。と言っても、他の島の掲示板に「援軍お願い」と書き込むのではなく、自分の島のコメント」に「(*,*)地点に「ぎゃふん」お願いします」など、援軍を必要とするメッセージを残して援軍を待つのが、一応マナーというものでしょう。カタチ上「援軍要請」と言いつつも、他の島は自発的に援軍参加という暗黙の了解になっているようです。各島の主が必ずしも毎ターン箱庭にアクセスして状況をチェックしているわけではないので、援軍に参加できないこともあります。助太刀する島は、援軍参加の表明を被災島の掲示板にしてあげると、心強いでしょう。援軍のミサイルが外れて施設に被害が出ても、援軍に来て頂いている以上、うらみっこなしです。ミサイルが施設に当たって壊滅した場合も、ミサイル基地に経験値がいくらか加算されるようです。援軍のミサイルが遍路道に当たった場合、そこにいた半数程度のお遍路さんが、その援軍の島に避難してきます。災害に強い特殊建造物も、ミサイルが当たれば壊れますが、温泉なぜかミサイルを受けてもびくともしません。怪獣撃退後は、援軍各島への感謝の気持ちを忘れずに。なお、怪獣にとどめをさした島には、箱庭トップ画面の怪獣アイコンに、倒した怪獣の履歴が記録されます。
ミサイルによらない怪獣撃退法
●特殊建造物と山(温泉含む)で怪獣を封鎖する…怪獣が移動できない地形や施設で囲って身動き取れなくすると、当面安全が確保されますが、災害等で結界が切れた場合、ヤツは活動を再開しますので、早めに倒しておきましょう。それに、特殊建造物で囲う作戦は非常にお金がかかるので、あまり現実的とは言えないでしょう。
●掘削して離れ小島に隔離する…島の岬の部分に怪獣が行ったらチャンス。島の本土でワルサできないようにして、後ほどじっくりミサイルを浴びせる方法です。怪獣を倒さず「飼う」こともできますが、噴火等で再び陸続きになったら、当然元の木阿弥です。
防衛施設爆破…次に怪獣が行きそうなところに防衛施設を仕掛けておくと、怪獣が防衛施設に到達したときに「自爆装置」が作動し、怪獣もろとも隣接マスまで大爆発します。体力のある怪獣を確実に仕留めるのに使えそうですが、爆破した場合は怪獣の報奨金が入らないどころか、一気に7マス分の被害が出るので、十分注意が必要です。
災害で消し飛ぶのを待つ…災害はいつ起こるか分かりません。早めにやっつけましょう。