マニュアル箱庭の殿堂
箱庭遍路最高の栄誉とも言える「錦札賞」(お遍路さん9900人
以上)を獲得した島の画像を記念に残します。
 第4号 竹之島(ターン529) 画像はターン532

箱庭でも四国にこだわる!四国遍路にゆかりの特殊建造物を忠実
に配置し、なおかつ遍路1万人を迎えるという、遍路人なら誰もが
「萌える」と思われる理想の島作り。しかしその道程は遍路道の如く
長く険しいものでした。しばしば台風で札所が飛ばされるなどの災害
もあり遍路人口も伸び悩みましたが、ミサイル基地を海底へ移設す
るなどして平地を確保、500ターン余りの長旅を無事満願しました。
 第3号 鈍足島(ターン390) 画像はターン393

魚の「マンボウ」を意識した島作りで箱庭遍路諸島に癒しを与えて
いましたが、その後積極的な遍路誘致に移行。豊富な平地と潤沢な
資金を活かして、マンボウから「ハリセンボン」に変身を遂げ、先の
2島以上に安定した伸びで一気に錦札達成。まだまだ増えるかも。
均整の取れた六角形の広い平地は、遍路増殖に最適のようです。
 第2号 快速島(ターン352) 画像はターン353

島四国の本場「小豆島」を模した、箱庭管理人の島。一見無作為に
施設を配置し遍路道を増殖させたかに見えますが、災害時のリスクを
分散し、復興も比較的早いという利点があります。度重なる大災害
にも負けず、小豆島も晴れて満員御礼を迎えました。
 第1号 尾根島(ターン328) 画像はターン329

島全体が曼荼羅絵図を思わせる整然とした伽藍配置で人気を集め、
他島に先駆け錦札達成。沿岸部の細い遍路道で災害が相次ぎ、
錦札達成を目前にして「産みの苦しみ」を経験するも、繁栄と美しさを
兼ね備えた理想郷が、ついに完成。しかし錦札達成直後、尾根島は
伝説の彼方へ「旅立ち」ました…。
おまけ「逆殿堂」
 地盤沈下 鈍足島(ターン468) 「究極災難賞」受賞
BEFORE(ターン467、一部想像)

面積96平方km、お遍路さん推定1万1800人を誇った鈍足島も…
  ↓ ドボン!
AFTER(ターン468、被災直後)

沿岸部は「超道後温泉」を残してすべて水没 面積−30平方km
お遍路さん−3000人以上 「ボート部」懸命の救助